風の野鳥

平成29年8月~12月の野鳥 ← 平成30年1月~6月の野鳥 → 平成30年7月~の野鳥へ

2018.1.20(土) 念願の赤い子(ベニマシコ)
ベニマシコは、全長15cmの魅惑の赤い鳥で漢字では「紅猿子」です。
羽や顔が猿のように赤いことから付けられたそうです(但し♂)
ちらっとくらいは過去に見かけたことはありますが、ずっと出逢いたい鳥さんの一つでした。
念願叶い、ようやくベニマシコに出逢うことができました!
と申しても彼らが居るのはたいていブッシュの中、しかもイバラの中が多い・・・
大変悪条件ではありましたが、ベニマシコに出逢えて至福のひととき(?)でした。


ベニマシコ(♂) 青空をバックにモデルになってくれました♪


ベニマシコ(♂) 小さな種子を啄みます。


ベニマシコ(♂) これでお腹の足しになるのでしょうか?


ベニマシコ(♂) それにしても・・・赤色がきれいでしょう。


2018.1.19(金) おまけの野鳥
1月14日の作州野鳥観察会の帰路、おまけがありました♪
川沿いでカワアイサとオシドリが観察できたのです!
今季、カワアイサは本当に豊作です。オシドリも200羽くらい川岸にいたと思います。
多少暗くなっていたので写真はブレブレですが出会えて嬉しかったです。


カワアイサ ♂3羽と♀1羽並んで遊泳中。


カワアイサ(♂) 潜水型なので水上滑走して飛びあがります。


オシドリ 滑走せずにすぐ飛び立ちます。


オシドリ こんな状態でず~と並んでいました。これで30羽程度いますよ。


2018.1.16(木) オオタカ →ハイタカ飛翔!
フィールドを徘徊していたら、オオタカハイタカが枝に止まっていました!
どうも近くのヒヨドリを狙っていたようです。
あいにくヒヨドリの狩りには失敗したようでしたが飛翔シーンを見ることができました♪
オオタカハイタカ(♀)がこんな近くで見えるなんて超ラッキーでした。

※オオタカではなく、ハイタカ(♀)のようです。N様、ご指摘感謝いたします。


オオタカ ハイタカ(♀) ヒヨドリを追いかける!


オオタカハイタカ(♀) 急げ!急げ!


オオタカハイタカ(♀) 残念!取り逃がしちゃった・・・・


オオタカハイタカ(♀) さて、次こそは・・・


2018.1.13(土) イケメンのモズ君
今季モズの鳴き声と姿は見るものモデルにはなってくれず・・・
でしたが、ようやく願いが叶いました。
エサを探していたようですがあっという間に飛び去りました。


モズ(♂) ちょうど地上に降りました。


モズ(♂) 大きくすると、おや、羽に何かついていますねぇ。種子?


モズ(♂) 見返り。羽に種子がついたまま・・・


モズ(♂) りりしいお顔でしょう。


2018.1.11(木) 柿とエナガ
ミコアイサの居た池のほとりに柿が残っていました。
そこへエナガがやって来て交代で熟れた柿を採餌していました。
人間が食べなくても野鳥にはグルメ、残さず食べてくださいね。


エナガ おや、美味しそうな柿だ♪


エナガ 早く順番変わって~。


エナガ もう一緒に食べよ。


カイツブリ 一度水の上を走ってみたいものです。


2018.1.7(日) あっ、ミコアイサだ!
今朝はガン・カモ調査のお手伝いをしましたが、帰路、ミコアイサに出会いました!
ペアで1組池に滞在しており、その姿は格別な白さとしか言いようがありません。
しかし、距離が大変遠くて、雰囲気だけしかお伝えできないのが残念です。
今日は、ミコアイサに出逢えてルンルンの一日でした♪


ミコアイサ(手前が♀、奥が♂) ぴったり並んで泳いでいます。


ミコアイサ 仲良く向き合って・・・・


ミコアイサ 正面のお顔は宇宙人ですね。


カワセミ(♂) ガン・カモ調査のご褒美です。


2018.1.4(木) チョウゲンボウ飛翔&着地
2018年がスタートして早や4日となりましたね。
本年も「風の野鳥」をご贔屓いただきますようお願い申し上げます。
強風の中、チョウゲンボウが何を目的に登場したのか定かではありませんが出逢えてうれしかったです。


チョウゲンボウ(♀) 上空を飛翔中


チョウゲンボウ(♀) 着地の瞬間です!


チョウゲンボウ(♀) 強風のため、まるで耳があるみたいですね。


チョウゲンボウ(♀) キョロキョロしてから飛び出します。


チョウゲンボウ(♀) 飛翔したが、何故かハクセキレイに追いかけられています。

トップへ戻る