風の野鳥

平成30年1月~4月の野鳥へ ← 平成30年5月~8月の野鳥 → 平成30年9月~12月の野鳥へ

2018.6.21(木) コゲラ(日本では最小のキツツキ)の子育て?
我が家の畑のアンズにコゲラが営巣しているようでした。
が、撮影は難しい場所なので見守るだけにしていました。
ある日、我が家の庭木の虫退治をしてくれていたのでご覧くださいませ。
多分ヒナたちは、無事に巣立ったと信じています。


コゲラ(♂) お口いっぱいの餌をくわえて・・・ 頭の赤色は♂の御旗です。


コゲラ(♂) これ以上くわえられるのかな?


コゲラ(♂) 良し!子供たちに持って行こう!


2018.6.12(火) ケリのヒナ
野鳥の世界では、ツバメを筆頭に(?)子育てラッシュが続いていると思いますが
今日はケリの幼鳥に出会いました。
とても小さいながら懸命に採餌していました。ガンバレ!


ケリ(ヒナ) 孵化すると親からエサはもらわず自分で探すようです。


ケリ(ヒナ) 何かごちそうが見つかったかな?


ケリ ヒナは3羽確認しました。バラバラで移動中。


2018.6.10(日) コサメビタキ
夏鳥のコサメビタキに出会いました♪
スズメより小さく、全長13cmで目の周りが白くとても可愛い鳥です。


コサメビタキ 地味ですがチャーミングな鳥です。


コサメビタキ 上を見て・・・・


コサメビタキ 正面もどうぞ♪


2018.6.5(火) キビタキ子育て中?
どの野鳥も繁殖シーズンですが、キビタキに出会いました。
とてもきれいなガ(と思う)をくわえてどこかに飛んで行きました。
多分子育て中かなぁ?と思いました。
こんな近くで出会えたのは久しぶりで嬉しかったです。


キビタキ(♂) とても魅力的なエサをくわえています。


キビタキ(♂) このエサはいったい何でしょう?ひょっとビロードハマキ?


キビタキ(♂) エサと鳥が一体化しているよう見えます。


2018.6.2(土) 今度はアオバズク
フクロウに続き、アオバズクをお届けできるとは幸せなことです。
過去には、近くの小学校にやって来て、シンボルにもなっていましたが
多分樹木伐採のせいかその姿を見ることはなくなりました。
そこで昨年確認した場所を覗いてみると・・・ちゃんと見張りをしていました!
また、ヒナに出会えることを願いつつ・・・そっと立ち去りました。


アオバズク まる~いお目目が可愛いですね。


アオバズク ちょっと横を向きました。


アオバズク これは違う場所。ちょっとこわい顔?


2018.5.23(水) フクロウの巣立ち
GW頃になるとフクロウのヒナが巣立ちをする頃と楽しみにしています。
しかし、フクロウの声はすれども姿を見ることはまずありません。
ところが・・・今年もヒナを見ることができたのです!
早朝のわずかな時間でしたが、とてもふわふわで可愛いフクロウのヒナをご覧くださいませ。


フクロウ(ヒナ) マンマルお目目、ふわふわの羽毛です。


フクロウ(ヒナ) いったんは地上に降りるようです。


フクロウ(ヒナ) 森の哲学者と呼ばれる風貌が・・・


フクロウ(ヒナ) 目の縁取りはピンク、ハートにも見えませんか?



2018.5.17(木) 夏の風物詩 オオヨシキリ
夏鳥のオオヨシキリがにぎやかに鳴き始めました。
オオヨシキリの鳴き声は、「ギョギョシ=行々子」で夏の季語だそうです。
葦原でにぎやかな声を聞いたらまずオオヨシキリだと思います。
人間で言えばおしゃべりの留まることの無いおばちゃんにも似てユニークな鳥さんです。


オオヨシキリ 昨年の葦で鳴いています!


オオヨシキリ こちら鳴かないときの顔 落差が激しいです。


オオヨシキリ 遠景から・・・縄張り宣言中?


2018.5.15(火) サクランボにムクドリ
ついこの前までサクランボが真っ盛りで、実を求めて人間や野鳥が群がっていました。
私もその一人ですが、自分が実をあさる様子は恥ずかしいので、ムクドリをお届けします。


ムクドリ 美味しそうな実をゲット!


ムクドリ 正面もどうぞ~。


ムクドリ 種をしっかり蒔いて皆さんを笑顔にしておくれ~。


2018.5.9(水) 近くにイソヒヨドリ
4月はじめからイソヒヨドリが電線で美声を響かせ、朝の目ざめに華を添えてくれていました。
ところが・・・5月になるとちっとも鳴きません。
多分、子育て真っ最中と思いますが、ヒナの巣立ちはいつかなぁ?
と、気を揉みながらも楽しみ、楽しみ♪


イソヒヨドリ(♂) このように電線で美声を響かせています。


イソヒヨドリ(♂) イケメンですね。


イソヒヨドリ(♀) どうやらマイホームの巣材を運んでいるようです。


イソヒヨドリカップル 夫婦でめったに揃わないのですがラッキー


イソヒヨドリ(♂) この鳥、緑の中に止まることがほとんどありません。


2018.5.5(土) 幻の鳥?ミゾゴイ
車で山中を走っていると道路に変な枯れ木が立っていました。
おや?何か変?見たこともない鳥さんです!
助手席のカメラが撮れ撮れ!と急かすのですが、近すぎて体半分しかレンズに入りません。
とりあえず上半身と下半身を分けて撮って、飛ばれるのを覚悟で車をバック。
ところが・・・この鳥、空を見ているばかりでちっとも動かないのです。
撮影している間はササゴイと思っていましたが、調べるとミゾゴイだったのでビックリ!!!
夏鳥で、日本でしか繁殖しないとか、1,000羽もいないとか、絶滅危惧種とか、幻の鳥?とも言われているそうです。
ひょっとして一生に一度のスーパーミラクルな出会いだったのかもしれません。


ミゾゴイ 危険を感じると上を見上げて木の枝に擬態するそうです。別名、忍者とも?


ミゾゴイ 全長49cm 車をバックしてやっと全身が撮れました。


ミゾゴイ 私には未知の鳥なので上空に猛禽でもいるのかと思いました。


ミゾゴイ 以前は夜行性とのことですが、最近は昼間も出るそうで、このとおり!


ミゾゴイ 日の当たる場所も歩いて行きました。ここでしっかり繁殖してね。

トップに戻る