HOME

風の野鳥


2023年の野鳥へ ← 2024年の野鳥 → 2025年の野鳥へ

2024.4.13(土) 桜とニュウナイスズメ

今年は入園・入学シーズンに桜が咲いており、
桜をバックに制服やランドセル姿で記念撮影をされた方も多かったことでしょう。

私は桜ラッパを探しましたが、見つけても撮影困難な場所ばかり・・・
今季はハードルが高かったです。


ニュウナイスズメ(♂) やっと見つけた桜ラッパです。


ニュウナイスズメ 器用にくるくる回して蜜を吸っているようです。


ニュウナイスズメ(♀) こちら女子です。


ニュウナイスズメ 可愛いですね。


ニュウナイスズメ(♂) 振り向いてくれました。


ニュウナイスズメ(♂) 又、来年を楽しみにしています。


ニュウナイスズメ(♂) 桜も終わりだなぁ。


ソメイヨシノ 桜吹雪がとても幻想的でした。


2024.4.10(水) 桜とコゲラ

例年になく桜の開花が遅れましたが、桜にニュウナイスズメ図を求めて
いつも訪れる場所に行ってみました。
ところが・・・私の都合の良い日は、天候の悪い日ばかり。

そんな状況を見かねて(?)コゲラちゃんがやって来てくれました。
まだ桜は蕾(4/4)でしたがとっても嬉しかったです♪


コゲラ 桜の木にやって来ました!


コゲラ 背景は桜です。


コゲラ 花見をしているのではないと思います。


コゲラ 木をつついて虫を探し始めました。


コゲラ 嘴で虫を引っ張り出します。


コゲラ まだお腹いっぱいじゃないよ。次の虫探しだ。


コゲラ(♂) 春風にあおられ男子と判明しました♪(頭の中に赤い印=♂です)


2024.4.5(金) 自宅にもヒレンジャク!

今季は本当に良くレンジャクがやって来ました。
小さな群れに分かれて、毎日のようにどこからかレンジャクの声が聞こえました。
そして・・ついに我が家のアクラにも7羽の群れでやって来てくれました。
あいにくの雨、その上、車がそばを通ったのでさっと逃げて行きました。

やって来てくれてありがとう!


ヒレンジャク アクラの実をゲット!


ヒレンジャク ちょこっとモデルに・・・


ヒレンジャク 可愛いお顔です。


ヒレンジャク 畑のイチジクに止まりました。


2024.3.30(土) 桜にメジロ

今年は桜の開花が遅れていますが、早咲きの桜とメジロを撮りに行ったら
既に満開の時を終えていました・・・
やはり八分咲きくらいが嬉しいですね。

しかし、人間がいないとなるとメジロはわんさか?賑わっていました。


メジロ 先端はまだ蕾がありました。


メジロ 嘴は花粉まみれです。


メジロ 夢中で蜜を吸っています。


メジロ 飛翔シーンもどうぞ。


2024.3.25(月) ミサゴの巣材運び

田園地帯でコウノトリを観察していたら遠くからミサゴが飛んできました。
「あっ!魚を持っているみたい・・」期待が膨らみレンズを必死で合わせました。
そんな時に限ってピントがさっぱり合わないのはフツー・・・

何と魚ではなくてワラを足で掴んで山の彼方へ消えて行きました。
木の枝等で巣を作り、中心付近はワラなのかなぁと思った次第です。
鳥たちの繁殖の時期が近づいていますねぇ。


ミサゴ 遠くからやって来ます。


ミサゴ 大トリミングです。肉眼では何を持っているかは分かりませんでした。


ミサゴ 真上を通過中


ミサゴ 田んぼのワラでしょうかね。


ミサゴ 頑張って子育てお願いします。


2024.3.22(金) 電線にレンジャク♪

レンジャクの続きですが、自宅頭上の電線に集団で止まっていました。
近所にネズミモチの木があったのです。
ヒレンジャクばかりと思っていたら一羽だけキレンジャクが入っていました。
嬉しくてキレンジャクを中心にお届けします。


キレンジャク ヒレンジャク集団の中の一羽です。


キレンジャクとヒレンジャク 並ぶと色の違いが分かりますね。


キレンジャクとヒレンジャク 仲良しです。


レンジャク 畑にたまった水を飲飲んでいたのでビックリ!


レンジャク 飲むのも飛ぶのも早い!早い!


レンジャク 目の前の木にも止まりました。


ヒレンジャク ネズミモチの実が残り少なくなりました。


レンジャク リーダーの合図で一斉にやってくるように思えます。


レンジャク 記念に電線図を残しておきます。


レンジャク また、来年も出会えますように。


2024.3.15(金) 近くにコウノトリ♪

最近コウノトリを良く見かけるような気がします。
今回も自宅からかなり近くにやって来ました。
昨日から2羽見かけて写真も撮ったのですがイマイチ・・・
今日は別々に分かれて採餌していました。
どちらも1歳で野外繁殖個体のようです。

コウノトリに出会えて嬉しかったです。
写真が多いのですがご笑覧くださいませ。


田んぼでエサを探していました。


コウノトリ ストレッチしています?


コウノトリ J0640の足環から2023.4/8野外孵化(兵庫県)、6/19巣立ちの♂とのこと。


散歩の方がコウノトリ見ています。


”あっ、コウノトリじゃない?”ワンちゃんもビックリ!


コウノトリ 一本足も見せてくれました。


コウノトリ 目の回りも喉も脚も真っ赤です。


コウノトリ 嘴を閉じても喉が膨れています。


もう一羽のコウノトリ。足環から2023.4/21孵化の♂(石川県の野外繁殖)


コウノトリ 飛翔シーンです。


2024.3.9(土) カワセミのペアかな?

池でカワセミがよく鳴いていたので待っていると・・・
♂と♀が揃いました!
もしや求愛給餌でもあるかな?と期待に胸が膨らみました。
しかし、そう簡単に私の願いが叶うわけもなく、ボケ写真ばかり増産しました(涙)
掲載している画像よりカワセミはもっともっと美しいので誤解なくお願いします。


カワセミ この枝は細くバランスを崩しました。


カワセミ(♂) 近くの枝に止まりました。


カワセミ(♀) 落ち葉とエビを捕ったようです。


カワセミ2羽並び 左が♂、右が♀で女性上位? 逆光で見にくいですね。


カワセミ あれれ~♂が逃げちゃいました。


カワセミ(♂) それにしても美しい羽ですねぇ。


カワセミ こちらも♂が逃げて♀が怒っているようにも見えますが・・・真実は不明!?


カワセミ 今後のドラマに期待したいと思います。


2024.3.5(火) 再びのヒレンジャク


今季はレンジャクの当たり年のようですね。
目下、ネズミモチのある場所へ必ずと言って良いくらいやって来るようです。
ネズミモチをやっつけると次の果実を求めて集団で移動しています。
ネズミモチの次はピラカンサへ?
まだまだ撮影のチャンスはありそうで楽しみです♪


ヒレンジャク 細い枝に止まって偵察中。


ヒレンジャク とてもカッコ良いでしょう。


ヒレンジャク 飛び出しです。


ヒレンジャク 果実を求めて・・・


ヒレンジャク あちこちから飛び出します。


ヒレンジャク 食べ終わって元の位置に帰るところです。


2024.3.2(土) 熊山公民館ドキドキ講座 in 日古木大池

早や3月になりましたが、大変寒い中、表題の観察会に参加しました。
講師は山田 勝先生で9時半から池の周囲をゆっくり歩いた結果、
21種類の野鳥を観察することが出来ました。
ボケ写真が多いのですがご笑覧くださいませ。

お世話になりました山田先生はじめ、関係各位に厚く御礼申し上げます。


山田先生からカモ類のお話を聞いています。


さっそく池のカモ類を観察しています。


キレンジャク(上)、ヒレンジャク(下)が開始前に登場!


モズ(♂) 鳥かごみたいですね。


アオジ 久しぶりに見ました。


カワセミ(♀) 良く登場しましたがちょっと距離が遠いのです。


カワヅザクラ だろうかな?


本日の成果です。


2024.2.26(月) タシギに出会いました♪

用水路にタシギがいて、長い嘴で餌を探していました。
最近、あまり姿を見かけなくなった気がします。

前に撮った画像ですが、とても可愛いタシギです。


タシギ 発見しました♪


タシギ かなり深くまで嘴を入れています。


タシギ 嘴が泥だらけです。


タシギ 美味しいごちそうはあったのでしょうか?


2024.2.22(木) チョウゲンボウに出会いました。

この時期、田園地帯ではチョウゲンボウが電柱に止まっているのを見かけますが
中々モデルにはなってもらえません。

何とか撮れた可愛い目をしたチョウゲンボウをご笑覧くださいませ。


チョウゲンボウ ちょっと白っぽく見えますね。


チョウゲンボウ 遠くまで見渡しているようです。


チョウゲンボウ 顔無しで飛び出しました!


チョウゲンボウ 次の餌を探します。


2024.2.18(日) ドキドキ講座 in 岩田大池(バードウォッチング)

ポカポカ陽気の日曜日、標題の講座に参加しました。
講師は自然観察会講師として大活躍の山田 勝先生です。
9:30から山田先生ご挨拶の後、池の周辺をゆっくり巡りました。
ここはエノキ、ネズミモチ、ナンキンハゼ等木の実が多かったです。

そして終了後、30種類もの野鳥を確認できました。
お世話になりました山田先生はじめ、関係各位に厚く御礼申し上げます。


山田先生からコゲラの巣のご紹介がありました。


シメ いかつい顔がユニークです。


ニュウナイスズメ 100羽くらいの群れでした。


ジョウビタキ(♂) 近くに登場しました!


カワラヒワやキジバトを観察中です。


ヒドリガモ(♂) 近づいてくれました。


ヒドリガモ(♀) こちらも可愛いですね。


オオバン 目が赤いのが魅力的です。


コゲラ 最後に登場しました。


2024.2.13(火) 今季お初のヒレンジャク!

ため池を巡っていたらヒレンジャクに出会いました!
約80羽くらいの群れがネズミモチの実をめがけてやって来たのです。
背景はごちゃごちゃでしたが、カメラも私も興奮!
遠目なれどボケ写真をご笑覧くださいませ。


ヒレンジャク 一番高い場所にいた個体です。


ヒレンジャク リーダーでしょうか?


ヒレンジャク 仲間がやって来ました!


ヒレンジャク 次々やってきて周囲を観察しているようです。


ヒレンジャク もう少し近くに来て欲しいけど・・・


ヒレンジャク お食事をしています。


ヒレンジャク 食事が済むと飛び立ちました。


2024.2.3(土) 瀬戸町生きもの探偵団

今年度最後の生き物探偵団が開催されました。
今回はため池の野鳥観察です。
講師の山田 勝先生のご挨拶後、観察会がスタート。
約2時間後、23種類の野鳥とその他の生き物たちを観察することが出来ました。
お世話になりました山田先生はじめ関係各位に厚く御礼申し上げます。


瀬戸公民館長さんのご挨拶です。


山田先生よりコゲラの巣のご紹介と鳥の説明です。


キジバトがスコープに入ったよ。


イソヒヨドリ(♂) 屋上に登場しました!


カンムリカイツブリ 白くて良く目立ちます。


ミコアイサ(前が♀、後ろが♂) 通称パンダガモと呼ばれています。


本日の成果です。多くの出会いをありがとう!


2024.2.1(木) 用水付近にイソヒヨドリ♪

久しぶりにイソヒヨドリに出会いました。
用水路付近の田で冬眠していた(?)ムカデをゲットしたようです。
この季節は、田起こしが多いので野鳥にとってはありがたいことでしょうね。


イソヒヨドリ(♀) ムカデをゲットしました!


イソヒヨドリ(♀) 暴れるムカデと闘って・・・


イソヒヨドリ(♀) もう少しだわ・・・


イソヒヨドリ(♀) そろそろ・・・


イソヒヨドリ(♀) いただいています。


イソヒヨドリ(♀) ごちそうさまでした!


2024.1.29(月) ニシオジロビタキに出会いました。

旅鳥として稀に見られるヒタキ科のニシオジロビタキに出会うことが出来ました。
ニシオジロビタキを見たのは数年ぶりです。
尻尾をピンと立てるポーズが特徴的で、可愛くて出会いに感謝しました。


ニシオジロビタキ 尻尾を立てて可愛いですね。


ニシオジロビタキ 横顔も愛らしい。


ニシオジロビタキ 喉から胸元にかけ淡いパフ色です。


ニシオジロビタキ 地上に降りました。


ニシオジロビタキ これはミルワーム?餌付けされていたとはビックリ!


オジロビタキ 地上でも可愛いポーズ。


ニシオジロビタキ 食事がすむと森に消えて行きました。


2024.1.24(水) 公園のヤマガラ

少し遠くの公園まで足を延ばしてみました。
この公園は、ひまわりの種やピーナッツを置くとヤマガラがやってきます。
手に乗せてもヤマガラは来るので年に一度は訪れています。

ところが・・・
今季ヤマガラが少ないのか声すらしません。
ようやくやってきても2~3羽。
結局ピーナッツは酒の肴になってしまいましたが、可愛いヤマガラをお届けします。


ヤマガラ お立ち台にやって来ました。


ヤマガラ とても愛くるしいですね。


ヤマガラ ピーナッツを取りに来ました。


ヤマガラ 勇気がありますねぇ。


ヤマガラ 向きを変えて・・・・


ヤマガラ 飛び立つ瞬間!


2024.1.12(金) メジロと山茶花

公園の山茶花にメジロがやって来ました。
忙しなく吸密しては花から花へと飛び回ります。
梅が咲いたら”ウメジロ”も撮れたら良いなぁと思っています。


メジロ 背を伸ばして懸命に吸密しています。


メジロ 花びらに脚をかけているのですから相当軽いのでしょう。


メジロ あっという間に次へ飛び移ります。


2024.1.4(木) 庭のツグミ

旧年中は「風の野鳥」をご覧いただきありがとうございました。
年々野鳥を撮る機会が減っており、中身が充実せず申し訳ありません。
しかし、野鳥は大好きなので身近な鳥だけでも頑張ってみようと思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ということで庭にやってきたツグミちゃんお届けします。


ツグミ 庭にやってきました!


ツグミ ほんの少し移動。


ツグミ 上空を気にしているようです。


ツグミ またいつでもどうぞ~。

トップへ戻る